第6話「HG(Highness Guardians)」

脚本:横手美智子/絵コンテ:高橋秀弥/演出:高橋秀弥/作画監督:中野圭哉
エカルラート姫は、内戦を阻止するために反皇帝派の実力者ジャグラバーク卿との政略結婚を、身を捨てる覚悟を持って承諾した。一方、それを快く思わない勢力は姫の命を狙う。
エレクたちの計画はハイペリオンの能力を持つ紺の登場によって失敗したが、状況を挽回するため新たな暗殺者が放たれた。その邪悪な力がエカルラート姫をとらえた時に、姫の秘められた力が発揮される。